<

彼と私とあなたのお家

旭化成ヘーベルハウス ”Sorakara”での家作り日記とその後

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
金曜(3/17)の夕方には既に緑の幕で覆われていました。



ペントハウスがお目見えです。
青空によく映えています。


 

ペントハウスの屋根側↑と内側↓です。




屋根材のコロニアルNEOです。
スポンサーサイト
2Fまでヘーベル板が組み上がり、ペントハウスの骨組みも出来ています。


1日1Fって感じです。



前日は雨だったので、勝手口ポーチの木枠で囲われたところに水が溜まっています。
ヘーベル板が空を飛ぶ!!







 1Fの外壁ができました。窓も取り付けられたようです。


 2Fと屋上の床は途中のようです。


 

 


階段の周辺もヘーベル板で覆われました。



 吹抜部に落下防止のためにかけてあるネット。
 事故のないよう、お願いします!
フレームの組上げが始まりました。

朝、我が家の部材を運んできたトラックに出会いました。

おぉ、階段も積んでるよー。



翌朝見てみると、1日で1Fが終わっていました。


階段です。


1Fから2Fを見上げるとこんな感じ。


床下点検口。
いよいよ躯体工事です。

仮設足場が設置されました。
 想像以上の高さでびっくりです。
 玄関ポーチや勝手口土間はこのまま養生するようです。



 足場はこちらのリースなのかな?



他のヘーベルで建築中の方のホームページを見ると、
楕円形の床下点検口があります。

我が家は上記楕円形の点検口が1つもないのですが、
人が入って点検が出来るんだろうか?
と工事担当児玉さんに聞いたところ、

「楕円形の点検口は標準ではなく必要なときにだけ配置しています。
 点検口の目的は床下の配管点検のためのもので、
 hemeyou様の場合、洗面所やトイレの床に点検口が
 配置してありまして、楕円形の穴は必要ありません。
 (プランによって有無が変わってきます)」
とのことでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。