<

彼と私とあなたのお家

旭化成ヘーベルハウス ”Sorakara”での家作り日記とその後

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
着工まで残すところあと17日。
本来は30日前までに変更契約すべきところを、
わがまま言って今日まで延ばしてもらいました。

変更契約自体は淡々とハンコを押して終了。


 ・冷蔵庫のコンセント位置を少しずらしてもらった。
 ・アンテナ固定システムは1つだけにしました。
 ・全スイッチのパネル内の位置指定
  (どのスイッチが、どの照明に対応しているか、
   スイッチのスイッチパネル内の上下左右の位置、
   パネルが2つ以上ある場合はその並び方を指定しました)
  については、表を浅野さんにメールすることにしました。

・着工前ご要望記入シートにて、以下のことをお願いしました。
 1.電気配線図、給排水配管図、基礎図面を着工前までに頂きたい。
 2.基礎の養生期間は14日取ってください。
 3.工程表をください。
 4.目地がズレないようにして下さい。
 5.節目での写真記録を提示して下さい。
 6.基礎のカバーは風雨などではがれないよう、しっかり固定して下さい。
 7.基礎の養生終了後、基礎強度の検査データは躯体工事前に下さい。
 8.工程の変更や造作の変更など、変更点全ての情報を事前に下さい。
 9.近隣の迷惑になりますので路上駐車はやめてください。
10.給排水関係で変更があるときはYさんと密に連絡を取ってください。
11.タバコの吸殻やゴミなどを放置しないようにしてください。
12.工事中の施主の立入・写真撮影を、工事の邪魔にならない範囲で許可願います。
13.クロス・タイルの貼り方が雑にならないよう、丁寧にお願いします。
14.木工事に使用する木材には、虫や虫の卵が付かないよう、お願いします。
15.各工程における工事責任者の社名と氏名を着工前までにお知らせ下さい。
16.施主立会いの中間検査は土日でお願いします。

改めて書くと、ウチらって、すげーうるさい客!?
でも正当な要求がほとんどだよね。



これでいよいよ着工日を迎えるのみです。
着工日までに水道本管の引込工事は無事終わるのかな?
スポンサーサイト

水道本管引込工事が始まった。
まずは道路に切込みを入れたところ。

営業浅野さん、設計真庭さんにがんばってもらい、
昨日お伝えした修正図面と見積書をもらいました。

・スイッチ高さは特定のものを除き、全て標準より100mm下げてもらった。
 また、スイッチの数とスイッチプレートのバリエーションを示す
 絵を頂いた。

 デザインブックに記載して欲しいよね。
・情報コンセントJCタイプは凡例に記載されない。
 ⇒これっておかしいよね。まぁいいけど。
・ユニットバスの浅い方のステップが逆になっている。

 ⇒これは図面がヘンなだけで、この図の場合上方向に浅いステップがあるそうです。
・ユニットバス照明のスイッチはホタルにできない。
 ⇒まぁいいけど、これも設定がおかしいよね。
・屋上水栓は階段の横に設置できないんだって。
 ⇒ちゃんとした理由を説明してほしいな。まぁいいけど。

とりあえず全部確認して、保留項目以外はOKであることを確認しました。
・heの連日の外構プラン提示の甲斐あって、防犯照明位置が何とか決まった。
・meがスイッチ高さを標準=1200mmから1100mmに変更したいとのこと。
 まずは変更に要する価格を聞こう。
・me「今はアンテナ固定システムがUV+BS用とCS用の2つついているけど、
 1つでもOKなんじゃない? そもそも、アンテナ固定システムって何よ?
 台だけ?ポールだけ?」
 he「うん、確認しよう」

その他、計19点の質問・確認事項をまとめ、夕方から展示場で浅野さんと打合せ。
 打合せ前にアンテナ固定システムの実物を確認しました。
 アンテナ固定システムは1つでBSとCS2つのパラボラを
 取り付けできないでしょうか? と聞いたところ、
 浅野さんは真庭さんのケータイにかけて、真庭さん曰く
 「1つのアンテナ固定システムに対し、BSやCSのパラボラアンテナは
 1つしかつけることが出来ない。 CS対応ということで2つにしました。」とのこと。
 うーん、また迷う項目が出てきた。

 ・凡例に床暖房のYマークとJCタイプの情報コンセントを入れていただく。
 ・スイッチ高さ変更は無料。
 ・玄関ドアは価格を見て、結局0507の選択仕様に決めました。
 ・その他、見積書、プラン図の修正点や追加点をお伝えし、
  ヘーベルは火、水曜休みなので明日営業所の方に
  修正した図面をもらいに行くことにした。
 ・電気配線図をもらった。
本当は昨日受け取るはずだった見積書ですが、
昨日は営業浅野さんが牡蠣にあたってお休みでしたので
今日受け取りました。今日もまだ体調が優れないとのこと、
お体を大切にしてくださいね。

電柱位置を決定し、東京電力に伝えました。

玄関側は”そらから”風の外観を損ねることになるし、
リビング正面はいつも居住しているところからの景観を損ねる
ことになります。
どちらかの選択でしたが、やはり外から見るのより住む人優先(笑)
と言うことで、玄関側にしました。

今から詳細設計を行い、2月はじめに東電不動産が説明に来て、
そこで設置位置の最終確認を行い、
 ・土地使用承諾書への記入、捺印
 ・振込口座
などの書類を記入することになるとのことです。

工事手配は上記作業終了後だそうです。

我が家は2本の電柱を敷地内に立てるのですが、
土地使用料っていくらなんだろ??
展示場で浅野さんと打合せ。
いよいよ大詰めで、

 ・前回お願いした変更点を1つ1つ確認しました。
 ・スイッチは全てホタルにしてもらうことにしました。
 ・玄関ドアサムターンは、0601仕様と0507仕様と金額次第で
  決めることにしました。
 ・玄関タイルは某展示場のモルールを使おうとしたが、廃番とのこと。
  結局レガリアに決めました。うーん、残念。
 ・2Fの窓のシャッターを全部つけることにしました。
  防犯性能というより、断熱性能を考えてつけました。
 ・ガラスブロック位置を図面に落としていただきました。
 ・防犯照明の位置はまだ外構のイメージが固まっていないので、
  保留としました。

 ・電力の契約は電化上手で10kVAがお勧めとのことでしたが、
    当初10kVAで契約し、後で6kVAに変更する  のと、
    当初6kVAで契約し、後で10kVAに変更する  と、
  変更に関わる工事費を東京電力に聞いたら、
  「東京電力工事分は無料。でも、導入設備如何では別途
  電気工事店の工事が必要になる場合がある、」
  とのこと。よく分からないので浅野さんに調べてもらうことにしました。

 ・修正した見積りを19日に頂くことにしました。
 ・着工日は2/14に確定しました。
現時点での残件を整理しておく。

・電柱
 位置検討しなきゃ!

・防犯照明
 位置、個数検討しなきゃ!

・ガラスブロック
  ヘーベル設計中  

・玄関タイル
  見積中

・玄関ドア
  見積中

・雨樋位置
  ヘーベル側検討中

・2Fシャッター
  掃出窓のみか、全部か?

・食器棚
  トールタイプにするかどうか?
電柱の位置について、ようやく東京電力と打合せ。

・現在図面で提示されている電柱位置は、建物の東側中央にあり、
 支えるための底辺が4mのワイヤーもあり、家の外観を非常に損ねる。
 なんとか土地の角に位置をずらせないか相談しました。
 ちなみに既存電柱は土地の南東側にあります。

・結果、角に電柱を設置することはできるが、南東の角にもう1本
 設置が必要になるとのこと。
 この電柱にもワイヤーが必要で、2.5m必要。

・この南東の角への設置を許せば、2本目の電柱の設置位置は
 以下のように2案ある。
   第1案: 北東の角。
   第2案: 南西の角。この場合は私設電柱が必須になる。
 いずれも、2.5mワイヤーは必須となる。

・南東角に設置しない場合は、ワイヤー長さは4mで、
 電柱位置も東側中央からずらすことは難しい。

・敷地外の設置は、役所への申請となる。
 申請することは可能だが、hemeyou邸の場合は土地の
 面積の観点から却下される可能性が濃厚とのこと。


⇒検討し、回答することとしました。
・カーテン
 結局、レールを含めて材工施主でおねがいすることにしました。

・玄関床タイル
 伊勢崎展示場に行ったら、「モルールMA-50/300」がよさげだった。
 m2あたりの価格はどうなるか聞きました。

・ガラスブロック
 エクセルで描いた図をお渡しし、

 詳細な図面に落としていただくことにしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。