<

彼と私とあなたのお家

旭化成ヘーベルハウス ”Sorakara”での家作り日記とその後

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
23日に送られてきた間取りの打合せをしようとしていたが、
meが建築士の方とどうしてもウマが合わないとのことで
打合せは急遽延期した。
建築士の方、ごめんなさい。。。

以下の要望をメールで伝えるだけにした。

間取り
 ・バルコニーは部屋からだけアクセスできるのでなく、
  通路からアクセスできるように。
 ・2Fの子供部屋は各々独立の部屋ではなく、
  今は1部屋で将来分離できるような形に。
 ・階段の上り口はキッチンに近いほうにして。
 ・対面キッチンはカウンターをつけてほしい。
  畳コーナーはキッチンに直結するのではなく、
  少し離して配置してほしい。東に寄ってもOK。
 ・トップハットありのプランも一度みたいです。
  3Fへは階段ではなく梯子でアクセス
  (2Fから3Fへの階段で場所をとりたくない)。

外観
 ・まだ好みの形になっていない。
 ・meは「熊谷の線路沿いのキュービックが良い」
  heも写真があったら見たい。

設備
 ・エコキュート、ソーラー、キッチンなどの各メーカーは
  どうしても変更できないの?
  ヘーベルが推奨するのなら、どうしてそのメーカーが
  よいのか根拠(データなり、説明なり)を聞きたいと思った。
スポンサーサイト
屋上のないプランが郵送されてきた。

 ・風呂、脱衣所はLDKの近く
 ・リビング階段
という希望は反映されていた。
でもなー、屋上をなくした分、外観がのぺーっとして
つかみどころのない形なんだよなー。。。
前回よりも一回りコンパクトにしたプランを提示してもらった。
まだ我々の希望する坪数に抑えられていないのは何故?
通路(廊下)が1F、2F共に多いからだよな。
また、対面キッチンに畳コーナーを隣接させるのは水などを
こぼしたときにタタミが汚れるのでちょっと離してもらおう。
いっそのこと、タタミコーナーはリビング隣接で
仕切れるようにした方がよいかも?
うん、仕切れるようにしよう。
Sハウスの初めての間取り打合せ。
設計さんはとても感じのよい方だった。
間取りと併せて外構プランも作っていただいた。
まずは地盤調査。
ヘーベルとほぼ同じ結果が出て安心。
坪数が大きいのは1F、2F共に各部屋の広さが広いからだな。
まずは今の間取りで一回りコンパクトにしてもらおう。
Sハウスから最初の間取りがメールで送られてきた。
東西大屋根、南北大屋根両プランとも、
大屋根先端側に吹き抜けを配置。
頼んでいた延べ床面積よりも6坪広い。
全体的なイメージをつかむのが最初だから、まいっか。
まずは説明を聞いてからだね。
初めてのバス見学会。
が、結局最後まで見られなかった。

今日のバス見は
 ・躯体現場
 ・築20年の住まい
 ・太陽光パネルの載った2世帯の新築
という内容だ。
youが生まれて初めてバスに乗る、
という不安も多少あったが、喜ぶだろうと思って連れて行った。

【躯体現場】
・ヘーベル板の燃焼実験
 ヘーベル板、サイディング、木材を外側から同一時間バーナーで燃やし、
 内側の燃え方を比較する、というもの。
 サイディングはその内部のグラスウールがこげており、
 木材にいたっては発火寸前だったのに対し、
 ヘーベル板+ネオマフォームはまったく跡が見られず、
 しかも内側を触れても熱くない。
・ジャンプ
 バス見メンバ全員で2階に上がり、全員が一斉にジャンプしても、
 躯体が頑丈なので丈夫だということを示す。

【築20年の家】
 このころからyouがグズりだし、築20年の家を目の前にして
 入れず、外でyouをあやすことだけに集中していた。
 が、youは初めてのバスに戸惑ったのか、食べたものを戻してしまい、
 タクシーを呼んでもらって帰ることになった。

 youにはかわいそうなことをしちゃったな。
営業さんから
「敷地、地盤調査を実施しました。」とのこと。
次回打合せで説明してもらう。
地盤調査はどこの会社がやってもほぼ同じ結果が出るはず、だよね。
Sハウスへは、リビング階段と吹抜けを追加でお願いした。

子供が、玄関から2Fの自分の部屋まで誰にも合わないで行くことが
可能なのは教育上避けるべきである、というheとmeの同意見で、
リビング階段をお願いした。

吹抜けは開放感など憧れがある一方で、
空調効率が低下するというデメリットに対する何らかの対策は必須だろう。

Sハウスは間取りプランのPDFでのメール送付が可能とのこと。
■Sハウス間取り検討
 大屋根を東西方向にかける場合、
 ソーラーパネルの発電効率が下がることが予想される。
 ソーラー重視の場合、大屋根は南北方向にかけるか、寄棟とのこと。

 大屋根を南北にかけるのはなんとなくイヤ。

 大屋根とソーラー、どちらを優先させるか。。。。
 うーん、迷うな。
 まずは大屋根を優先(東西)でお願いしよう。

■ヘーベル間取り検討
 「プランニング実例集①家族の絆を深める家」の
 「5 山梨県K邸」を参考に、
  ・玄関を東南に持ってくる。
  ・風呂、脱衣所をLDKの近くに移動。
   冬場に、風呂から上がって寒い玄関付近を通らないように)
  ・空いた1階の北西の箇所に2階の3畳の書斎を配置。
  ・階段をリビング階段とし、吹き抜けを作る。
  ・空調効率を考慮して2階の階段は引き戸で
   閉められるようにする。
  ・屋上はナシで、その分ベランダをもっと広く。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。