<

彼と私とあなたのお家

旭化成ヘーベルハウス ”Sorakara”での家作り日記とその後

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
heとmeの意見が合わず、
家作りはまたも中断することにした。
Sハウスとヘーベルには当分中断する旨、お願いした。
スポンサーサイト
住まいの参観日がすぐ近く(車で3分のところ)
で行われていると新聞折り込み広告で知ったので行った。
BeDy○esで35坪ほどの現実的なお宅。

すると営業さんがいた。
フツーさぁ、自分の顧客の近所でイベントやるのであれば、
事前にDMとかメールとか、何かしら連絡するんじゃないの?
ウチら、DMでもメールでもなく、新聞広告で
はじめて知ったんだよ。
meはどうしても建築士の方とウマが合わないので、
今日の打合せはheだけ。
建築士の方はいらっしゃらなかった。

【外観】
 ・meが気になっている、熊谷の線路沿いの教習所のそばの
  家の写真を持ってきて頂いた。
  なるほどかっこいいお宅だ。
 ・トップハットをつけてもらったが、値段が+5Mとのこと。

【間取り】
 ・各部屋からバルコニーにアクセスできるように、
  とお願いしてあったが、部屋を狭くして通路を作るという
  素人でも思いつくような変更だった。

【トップハット】
 ・トップハットの斜め部分はヘーベル板ではなく
  屋根材+ロックウールになる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。