<

彼と私とあなたのお家

旭化成ヘーベルハウス ”Sorakara”での家作り日記とその後

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ついに足場が取れ、全貌のお目見えです。


青空に映える外観は感動ものです。
屋上の手摺が設置されていました。
スポンサーサイト
外壁塗装が終わり、いろいろな部材が取り付けられていました。

電気、電話などの引き込み口です。
石膏ボードにパテ埋めがされています。
外壁塗装が全て終わったようです。



屋上の内側の壁も塗装されていました。


足場が取れるのが楽しみです。
ホームセンターで外構の見積りをお願いしようと出かけたところ、
「現場を見てから」と言われたので、とりあえず”現場を見てもらう申し込み”
だけをしました。
抱えている業者に振るだけかぁ。ホームセンターってそういうもんなのかな・・・
屋外給排水をやってもらうYさんと、屋外の水栓の位置も打合せ。
併せて、エアコンを見積もってもらうことにしました。
ネットはエアコンのマツが安いな。ただ、ネットで買うと取付けが不安・・・。
ウチに帰るとエコキュート補助金の申込書が
営業浅野さんから送られていました。

素晴らしい対応の早さです。

帰ってまた現場に行きました。
外壁塗装も最終の第3層です。
出た!”マザールで撹拌しないで下さい”
マザールっていうネーミングがそのまんまでいいよね。

”住まいの入門塾”に行ってきました。


引渡し前後の注意事項や登記など、非常に参考になり、
まだまだやらなきゃならないことが山積していることを気づかせてくれました。

また、工事中の水道、電気料金はヘーベルの方で払うそうです。
⇒ 自分で既に払ってたので申告しました。


あと、埼玉北関東エリアは30周年だそうです。
外を見てみると外壁の塗装が始まっていました。
3層で塗るとのことですが、これは2層目かな?
昨日は見れなかったので今日は朝から見学。
入ってみると何やらステンレスの大きな鋳型が・・・

とっさにキッチンのシンクだ!と気づきました。
このアングルから見るのも珍しいですね。
引渡し日が5/20に決まりました。
施主検査は5/12です。

自分たちで取り付けるエアコンの選定を開始しました。
meのお気に入りはNationalのお掃除ロボットエアコン

リビングとダイニング・キッチンはこれで決まり。
他の部屋はDAIKINかな。

明日は住まいの入門塾です。
外壁の塗装準備がされたようです。
玄関ドアがビニールで覆われました。


雨が心配です。
塗装したあとにどのくらいの間乾かせば
雨が降っても大丈夫なのかな?
平成18年度エコキュート導入補助金制度の概要が、
(財)ヒートポンプ・蓄熱センターから出ました。
今年度の第1期は4/24(月)から受付ハガキの申込みが始まるそうです。
先着順の受付なので、早く提出するのが補助金を受けるポイントのようです。
その申込ハガキなのですが、どうやらエコキュート販売店でもらうようです。
そこで、ヘーベルにてこの申込ハガキをもらって頂けるよう、お願いしました。

今年度の補助金は5万円だそうです。

床上げ収納(タタミ仕上げです)の設置が始まりました。
キッチンの笠木ができていました。
早くも外壁が入れ替えられていました。早いですね。


床暖房のパネルを設置していました。


交換用のヘーベル板と


防水笠木が搬入されていました。

外樋が90°から45°に変更されていました。
さすが対応は素早いですね。
いろんなモノが置かれ、賑わっています。

設計の真庭さんによると、

破線部にはヘーベル板を支えるための支柱が入っており、
どうしても移動出来ないヘーベル板が出てきてしまうとのことでした。

入れ替えられるところ(上記2箇所)を入れ替えてもらうことにしました。

早速、外壁目地ズレの修正案がヘーベルから来ました。


上が現状、下が修正案。

この2枚だけじゃなくて、全部合わせて欲しいんだけどな。

うーん、屋上からの雨水がベランダに垂れ流されるのかぁ。
現実にはタイルがひかれてその上を水が流れるはず。
床面に勾配がついてるから、大丈夫なはずだよなぁ。
今日聞いてみよ。


今日は中間検査でした。
いろいろあって2時間かかりました。
ネオマフォームじゃない断熱材がありました。


1階で、2階に部屋がない天井はネオマフォームではなく、ホームマットという断熱材です。


施主支給品のうち、ヘーベルで取付けをお願いする
照明、インターホンが全部届きました。
TOTO魔法瓶浴槽内部です。



曲がっていた樋のうち、1箇所が修正されていました。
さすが対処は早いです!


もう1箇所は北側とはいえ、やはり外観が気になります・・・。
また、かなり悩みましたが、そもそも頂いた図面と
違うということにやはり納得が出来ておりません。

排水口位置がずらせないことは理解できるのですが、
何とか目立たないように出来ないんだろうか・・・・・
ユニットバス、設置されていました。でも、中は見れませんでした。

ここ最近は業者さんのいる時間に見に来ることができず、ガラス越しの写真です。
外樋が曲がっている件について設計の真庭さんから返事がありました。
 ・図面上は真直ぐになっているが、本来は現在の現場のように
  曲げるように図面表記するべきだったとのことでした。

 ・2箇所あるうち、1箇所は修正可能とのことなので修正してもらうことにしました。
 ・もう1箇所は、1,2階の窓の位置の関係上、現在の位置に
  屋上の腰壁のから排水を抜く必要がある為、位置はずらせない、
  とのことでした。

以前、3連ステップ窓の間を樋が通るようになっていたのを変更して
いただいた経緯があり、排水口の位置はもうずらせないんだろうなー、
と思っていましたが、やはりそうでした。

うーん、どうしよう?
大きく迂回させるか、窓枠スレスレに樋を通して何とか一直線にするか、
どちらかだろうなぁ。
今日は日曜ですが、午前中だけ大工さんが作業をしていたので、
床レベラーを乾かしているところが見れました。
いよいよ床レベラー工事です。
プライマーをジョウロで散布していました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。