<

彼と私とあなたのお家

旭化成ヘーベルハウス ”Sorakara”での家作り日記とその後

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前回の指摘・要望を反映した見積もりが届いた。

再チェック。
 ・千本格子の柱ってなんだ?
  前回の見積もりにはなかったぞ!?
 ・アプローチのタイルは、玄関タイルと
  同じものにする。

コンクリート部と庭部を区切るため、
枕木(擬木)を寝かせて使うことにした。

マルチスクエアの屋根材は、熱遮断ポリカとした。

ポストはヘーベリアン御用達の
Max KnoblochのTimbuktuとし、ネットより安いか
どうか見積りをしてもらうこととした。
スポンサーサイト
外構プランのデザインや部材が大体決まって
きたので、財務大臣(meね)を交えてチェック
を入れました。

 ・残土処分
   残土は敷地内で活用するので処分不要。
 ・柱工事費
   数量が多すぎ。ブルーの角柱3本のみのはず。
   単なるミスだと思われる。

また、アプローチのソーラーライトは
タカショーのタイルドライトを推してきたが、
これだとトランス、コネクタの費用もかかる。
マチダのソーラーブリックなら、
追加部材も発生せず、本体自体も安いので、
これに決めた。


敷地境界のフェンス工事は
meのお兄に頼むことにした。

枕木は天然木ではなく、コンクリート製のにしようと思う。
虫がつきそうだからね。

機能門柱のガラスブロックの
デザインを少し変更。

現在、玄関扉を開けると外から丸見えなので、
何らかの目隠しをしたいな・・・と思っていたところ、
タカショーのイイ部材を発見した。
エバーアートウッド千本格子を採用。

アプローチにソーラーの埋め込みライトを追加
したい。部材物色中です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。