<

彼と私とあなたのお家

旭化成ヘーベルハウス ”Sorakara”での家作り日記とその後

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
設備を変更した図面で打ち合わせ。

ヘーベルのフォーマットに慣れるために、
前回頂いた仕様の各箇所について、
 外部仕様デザインブック
 内部仕様デザインブック
 設備デザインブック
の該当ページを全て調べて打合せに望んだ。

見積もりは結構なUPになった。

エアコンはDAIKINでの見積の結果、施主支給の工事費はやはり高い。
エアコンと室外機の位置の確認を行い、
室外機取付のため、窓の位置を微妙にずらしてもらった。
隠蔽配管にするかどうかは、迷いどころだな。
ちなみに露出を隠蔽にすると1万弱UP。

換気システムはWICに戻した。

1F洗面は化粧台のタオルバーと独立したタオル掛けが2つある。
→どーするか決める。

リビングとダイニングを仕切る3枚引込戸は、人の気配が感じられるよう、
乳白色のスライドスクリーンにした。

「設備・仕様チェックシート」なるものをもらった。
ウッドデッキ(木、樹脂双方)の見積もりをお願いした。

水道引き込み工事は地元の業者さんに見積もってもらった結果、
へーベルではやらないことにした。


夜、家電量販店の広告でエアコンの価格を見たが、
ほとんどの品物が取り付け工事費込みの価格で記載されており、よく分からん。

meがネットの店が安いんじゃない?と言うので
見てみたところ、確かに安い。
エアコンは全部施主支給で行こうと決めた。

次回打ち合わせの事前準備として
設備・仕様チェックシートを少しずつ埋めていった。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://hemeyouhaus.blog52.fc2.com/tb.php/41-ef0e5d74

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。